トップ > 研修サービス > ISO 29990「自己評価報告書」の書き方実践セミナー

ISO 29990「自己評価報告書」の書き方実践セミナー

ISO 29990の自己評価報告書の書き方について、記載上の留意点を説明しながら進めていく1日コースです。認証の申請に向けて、自己評価報告書の作成を進める時に役立つ実践的なセミナーです。

各自が事前に作成した自己評価報告書(案)を持ち寄り、ポイントを学びながら修正作業を行い、自己評価報告書の完成度を高めることができます。


  科 目 内 容 時間(分)
A 「自己評価報告書」とは 自己評価報告書の役割と書き方。求められるエビデンスの種別と、それらの表記方法について説明する。 60
B 学習ニーズの明確化と学習サービスの設計 学習ニーズを調査・分析することで明確化し、それを学習サービスの設計に活かしていくという点について、自己評価報告書作成のポイントを押さえ、自己評価報告書の書き方を習得する。 60
C 学習サービスの実施とモニタリング 学習サービスの実施が適切に行われているかを確認し、かつ、モニタリングするという点について、自己評価報告書作成のポイントを押さえ、自己評価報告書の書き方を習得する。 60
D 学習サービス事業者によって行われる評価 学習者の学習目標達成状況の測定及び分析や、学習サービス自体の有効性及び品質の測定に関する点について、自己評価報告書作成のポイントを押さえ、自己評価報告書の書き方を習得する。 60
E 学習サービス事業者のマネジメント概論 学習サービス事業者にとって必要なマネジメントについて、自己評価報告書作成のポイントを押さえ、自己評価報告書の書き方を習得する。 60
F 財務管理及びリスク管理とコンピテンシー マネジメントに関する要求事項の中で、学習サービス事業者に求められるものとして特に挙げられている内容について、自己評価報告書作成のポイントを押さえ、自己評価報告書の書き方を習得する。 60

【受講費用】 59,400円(税込み)
【受講資格】 内部監査員養成セミナー受講済の方(CLSAR認定LS内部監査員であればOK)
【受講対象】 ISO 29990の認証取得を目指し、申請の準備を進めている組織のご担当者。
【開催予定】 (東京会場)平成27年5月23日(土)9時20分集合

      会場「JAMOTE認証サービス株式会社 会議室」(東京メトロ「八丁堀」駅徒歩3分)