トップ > ISO 29990について > ISO 29990規格概要

ISO 29990規格概要

ISO 29990の特徴は、「学習サービスに関する要求事項」と「学習サービス事業者のマネジメントに関する要求事項」の大きく2つに分かれていることです。


「学習サービスに関する要求事項」には、学習ニーズの明確化(利害関係者のニーズの把握等)、学習サービスの設計(目的及び適用範囲の特定、カリキュラムプランニング等)、学習サービスの実施(情報提供及びオリエンテーション、学習のための人的・物的資源、学習環境等)、学習サービス提供のモニタリング、学習サービス事業者によって行われる評価等に係る要求事項が含まれます。


このように学習サービスに関する要求事項は、下図のとおり、学習サービスの提供開始から終了までという一連のプロセスに沿って記載されており、学習サービス事業者にも非常にわかりやすい規格となっています。


図:学習サービスに関する要求事項


一方、「学習サービス事業者のマネジメントに関する要求事項」としては、ビジネスマネジメント、財務管理及びリスク管理、人事管理、内部監査、利害関係者からのフィードバック等に対する要求事項が含まれます。


上述の2点がISO 29990の大きな柱ですが、規格の中核は学習サービスに関する要求事項であり、マネジメントに関する要求事項は、学習サービスに関する要求事項を満たし、それを維持管理するためのマネジメントと位置づけられるものです。


また、大企業だけではなく、リソースが限られている中小規模の学習サービス事業者にとっても利用しやすい規格にするために、あまり窮屈に要求事項を規定するものではなく、学習サービスの質保証に必要不可欠な要求事項のみを定めたものとなっています。