トップ > ISO 29990について > ISO 29990とは

ISO 29990とは

ISO 29990は、2010年9月1日に発行された「非公式教育・訓練における学習サービス-サービス事業者向け基本的要求事項」です。


これは、非公式教育・訓練分野の学習サービスおよび学習サービスを提供する事業者に対する基本的要求事項を定めた国際規格で、利用者に対して提供する学習サービスの明確化と事業者としての基盤整備を求めるものです。


ISO 29990の名称、適用範囲及び規格目的は下記のとおりです。


(1) 規格名称:
ISO 29990:2010「非公式教育・訓練における学習サービス – サービス事業者向け基本要求事項」(原文:Learning services for non-formal education and training – Basic requirements for service providers)
(2) 適用範囲:
非公式教育・訓練における学習サービス事業者向け基本的要求事項
(3) 規格目的:
非公式教育・訓練・人材育成の企画、開発、提供に関し、学習サービス事業者と顧客に対して、質の高い専門的な業務及びパフォーマンスのための汎用モデル及び共通の枠組みを提供することを目的としている。

ISO 29990の適用範囲である「非公式教育」は、ISO 29990において「組織化された教育活動で、確立された社会に認知された公式な初等、中等又は高等教育制度以外のもの」と定義されており、非公式教育の例として、職業訓練、生涯にわたる学習、社内研修(外注又は組織内で実施されるもの)が挙げられています。


生涯にわたる学習が例示されていることからも、生涯学習サービスを提供する事業者がISO 29990を活用する可能性は大いにあると言えるでしょう。


日本国内における主な教育・訓練サービス事業者を公式・非公式分野別に示すと下図のようになります。


図:日本における主な教育訓練サービス事業者


ISO 29990の対象と想定される我が国の主な非公式教育・訓練事業者には、公式教育を補完する学習塾、英語学校に代表される語学教室、民間が主体となる職業訓練機関、資格取得や就職支援を目的とする教育機関、企業内研修を請け負う研修事業者、生涯学習を支援する各種講座・教室等が含まれますが、昨今、大学等の公式教育機関においても、生涯学習講座が開催される等、公式・非公式教育の線引きは曖昧になりつつあります。